タックホームの家
FAQ よくある質問


キューブ構造ってなんですか? タックホームの認定工法の名称です。
正式には、「完全6面体キューブ構造」
特許庁に商標の登録も済ませました。
当社の技術と発想の玉手箱です。
メリットは無限大ですので、お得な家作りを実現してきました。
キューブ構造は、世界に一つの工法ですので、他に同じ造りはございません。
オール電化以外は建てないの? 東北電力推奨の、Eハウスビルダーの認定を頂いています。
電気の暮らしはヒートポンプ機器の利用で、他の熱源よりお得になっています。
調理器具は、IHの体験を通じて、器具選定のお勧めしています。
高断熱ならエアコンでも暖かいのでは? ピーエスパネルヒーターを標準仕様としています。
輻射熱は、包み込むように温めるので、低温でも身体の真まで温まります。
風が無いので静電気でホコリも舞わず、乾燥感が少ないのも特徴です。
*当社でもエアコン全館暖房の視察を重ねており、現段階では研究中です。
ずばり!光熱費(電気代)は? 40坪以下のお宅、50件をランダムに平均値を調べました。
1日あたり500円
1ヶ月15000円となりました。
夏は、1万円前後 冬は3万円を超える月もあります。

全室暖房しても、お客様は特別な節約行動をする必要はありません。
コマメに暖房を入り切りしなくても、このような電気代です。
*電気代は、テレビ・照明・冷蔵庫・ボイラー・携帯の充電まで すべての請求額です。
床暖にできますか? 暖房は、空気暖房と輻射熱暖房に分けられと思います。
薪ストーブも輻射熱暖房ですが、自然対流という効果もあります。
床暖房をするなら、1階も2階もすべて床暖房するのが正しいと思います。
最近の床暖房は低温水で本当に快適になりました。

タックホームは、低温水のパネルヒーターです。
全部屋に配置することで、全室の床も暖まります。
自然対流で空気も温まるので、床暖房より低温でも温まります。
ヒートポンプは低温のほうが光熱費が掛からないののも魅力です。
パネルヒーターは家具が置けないのでは? 家具の邪魔になるのは事実です。
出来るだけ設計段階で配置を考えています。

仮に、家具と近接しても、低温水なのでなんとかなると考えたいです。
パネルヒーターは、お部屋ごとに温度設定が出来ます。(これ実は凄いことです)
ゼロエネはお勧め? たくさんのゼロエネ住宅を建ててきたので、ハウスオブザイヤーで特別優秀企業賞を頂きました。
しかし、当社は太陽光発電を推奨しているわけではありません。
おかしな話と思います。
ゼロエネは、断熱の最高峰LCCMに続く高断熱の証です。
当社の標準仕様に、わずかな太陽光パネルを搭載することでゼロエネになります。
補助金を活用したゼロエネは、設備投資額を感じることなく、10年間の売電差益が補償されます。
つまり、標準仕様がゼロエネレベルのタックホームとご理解ください。
補償は? 瑕疵保険に加入し、10年間は2000万の保険に加入します。
継続補償も話題になりますが、当初は10年となります。
私の考えでですが、10年すら持たない家は何年補償されても、あんしんと言えないと思います。
先日、まもりすまい保険(株)から、事故無し優良業者の表彰を頂いた事で自信となりました。
大工さんは下請けですか? 当社は、工務店と設計事務所の融合した企業です。
完全6面体キューブ構造 は、国の認定で完全オリジナル工法です。
専属の大工・指定の協力業者と歴史を重ね、気密C値0.2をお約束できるようになりました。
設計・施工管理を一関して行い、品質を守るのが、当社のスタッフです。
お客様の想いを、現場(大工)に橋渡ししています。
設計は自由ですか?
資格者は居ますか?
それぞれ家族にそれぞれの設計。がコンセプト。
温度差の無い住まいは、自由な設計を可能とします。
当社は、資格にこだわってきました。
建築士4名・宅建士3名
有資格者が、建築・不動産に関わることは、当たり前のようで当たり前ではありません。
専門的スキルや、長期優良住宅など、法律の範囲で自由な設計をしています。
耐震・耐久・寿命など、長く地域に溶け込む、普遍的な設計をしたいと心がけています。
平屋・狭小・3階・スキップ・地下室・吹抜け・屋上など、
200棟を超える実績で、同じものは一つもありません。
すべて、高気密高断熱の耐震キューブ構造です。
無垢床は使えますか? 時代のトレンドで、無垢の床を標準仕様にした時期もありました。
なりより暖かく感じる素材ですし、私も大好きです。

近年は、個性の多様化で、さまざまな素材を求められるようになりました。
樹脂素材やら、ペット機能性など多種多様です。
パネルヒーターを使うようになり、床が暖かいので色々な素材が使えます。
樹脂やタイルでも暖かく暮らせます。
ご要望で、お部屋ごとに無垢床を使う事も増えています。
収納設計は足りていますか?
半地下・屋根裏収納ってなんですか?
家作りの先輩の話の失敗例は、収納の少なさが一番多いと聞きます。
タックホームのキューブ構造は、未活用空間利用と言う仕組みです。
生活空間を儀税にせず、収納をたっぷり確保します。
だいたい、10畳程度の空間です
未活用空間の収納は、プラスアルファの空間です。
施工費は無料としています。
設計は無料ですか? なんどでも無料です。
見積も無料です。
大きな買い物ですから、土地・建物・経費の総額を、だいたいいくらかを提示します。

お客様の想像の範囲で、プランや金額を納得頂けましたら、実施設計に移行します。
この段階でも無料です。

本当にお家を建て始める事になるまで、お金は頂戴しません。


お施主様のFAQ

パネルヒーターの温度設定は? メモリ3・20度 メモリ4・24度
この周辺で各お部屋の設定します。
温度上昇を抑制するセンサーですので、3より低くしないのがコツです。 
暖房ヒートポンプの温度設定は? 38度を基準と考えましょう。(人肌と呼んでます)
家の大きさで、基準が変わります。
大きな家でも44度以下がお勧め。
秋・春は低くしてください (体感でよいです)

ヒートポンプは、自動制御しています。
寒い日は高温に、暖かい日は低温にしてくれます。
つまり、コマメなリモコン設定変更はあまり意味がありません。

*ただし、絶対自動にしないでください。(床暖房モードで、外気温で動くので相性が悪いです)
暖房のメンテナンスは? 20年後にヒートポンプの交換時期が予想されます。
費用は30万位と予想します。
効率も考えると、最新の機器にすることも得策と思います。

循環不凍液の点検交換が10年周期で推奨されています。
燃焼の無いヒートポンプでは経年劣化がみられず、今後の経過で報告します。
長期間(1ヶ月)、留守にします
凍結対策は?
日常で、凍結対策は一切不要です。
凍結する部位が無いので、水抜きや保温対策は不要と説明しています。

ただし、エコキュートの外の機械(プロペラ付き)についてご注意。
お湯を使わない時期が長いと、誤作動する場合がございます。
(メーカー毎に違うのて、タックホームにお問い合わせください)